読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンガルのコテツ(思い出)

2002年9月4日生まれのコテツ。

通販サイトで一目ぼれ。

生体を通販で買うのもどうか?って話もあるけど

誘惑に負けて我が家へ。

 

残念ながら子猫の画像はPCがダメになった際に消失。

すくすく元気に育ちましたが新潟県中越地震の際

割れた水槽のガラスで足の指を切り、その後から毛が無くなるまで

舐めるようになり手のかかる子に。

f:id:nekoyapa:20170329125028j:plain

獣医さんに薬やら漢方を処方してもらうも改善せず。

服を着せてある程度カードです。

f:id:nekoyapa:20170329125106j:plain

でも、お腹は禿げてます。

f:id:nekoyapa:20170329125353j:plain

アルとは仲良しで、いつも一緒。

f:id:nekoyapa:20170329125607j:plain

そんな幸せな日々もアルが亡くなり寂しさからなのか、より毛を舐めるようになり

血が出るほどに。

それからカラー生活がはじまりました。

f:id:nekoyapa:20170329130043j:plain

その後大きめのカラーを自作して網無しで生活。

 

そして2017年2月下旬。餌を食べなくなり獣医さんへ。

流動食生活。1日5回の流動食にお薬。

トイレ以外はお気に入りの母の膝の上で過ごす日々。

 

2017年3月。もうこの頃はお気に入りの母の膝の上にも

行けずにうずくまってる状態が続きある程度覚悟を決める。

 

3月3日。急にコテツの写真を撮らないとイケナイ気がして撮影。

f:id:nekoyapa:20170329130308j:plain

同日17時半頃。

母の膝の上に登れなかった程弱っていたはずが、勢い良く母の膝の上にジャンプ。

そして、丸まって眠る様にそのまま息を引き取りました。

 

最後は大好きな母の膝の上でと幸せだっと思います。

コテツ今までありがとう。