読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コテツが居なくなって一か月(思い出)

気が付けばコテツが猫ヤパさんの元から居なくなって

一か月が過ぎました。

コテツの介護生活終了からのイキナリの新築計画。

まるで神様がコテツの事を忘れさせる様に次々と

忙しい毎日でした。

 

今でもぼけーっとしてお風呂上りに母の部屋へ

コテツの様子を見に向かってしまう事があります。

体が覚えてるんでしょうかね。毎日の日課を。

 

今コテツは小さな箱の中。

血統証書に大好きだった母手作りの布のボール。

それを一緒に火葬して頂きお経まで唱えて頂いたお別れ。

迎えに行ったとき見たのは真っ白なコテツの骨。

骨が太く強い子だった。指の骨もきちんと残って・・・

うん。やっぱりベンガル野生の子だね。

 

思い出すのは新潟県中越地震の時。

割れたガラスで足を切り、血を流して二階の窓から

屋根に出ちゃったコテツ。揺れも収まらず瓦が落ちて来るのも

かまわす猫ヤパさんはコテツを連れ戻しに屋根へ出る。

ぎゅっと抱きしめ部屋の中で血が出るコテツの足をティッシュで

包んで揺れの恐怖に耐える。

数日間のライフラインの停止。避難所に向かう人たちが

居るなか猫が居るので我が家で過ごす日々。

猫ヤパさんはコテツが居てくれたから乗り越えられた。

f:id:nekoyapa:20170405133243j:plain

コテツは利口で良く鳴く猫。

冬の寒い日は母の部屋のファンヒーターが点いた音で

ファンヒーターの前を占拠。

キッチンで食事をしている時、とことこ歩いて来ては

にゃーにゃー言う。

そう、ファンヒーターが3時間の消し忘れなんて機能で

止まったのを知らせに来るのです。

 

ってか、ファンヒーターの3時間のタイマーうざくね?

消し忘れねーし!お前少しぶつけただけで止まるじゃん!

どんだけ心配性なんだよ。自分に自信持てよ!

 

虹の橋なんて話があります。

天国の少し前にあると言うその場所でコテツは元気に遊んでるはず。

猫ヤパさんもコテツが心配しない様、コテツの分までフサボンにシグレを

可愛がり、いつか会える日まで元気にやって行こうと思います。

コテツ、もうしばらく待っててね。

f:id:nekoyapa:20170405134417j:plain

nekoyapa.hateblo.jp